梅しそ雑記

私自身の興味にまみれた自己満ブログです

※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

サッポロビール博物館を見学

開催日など 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は開館し、翌日に休館)

料金

(大人)

無料

プレミアムツアーは¥1,000

見学時間

50分

写真撮影

可能

予約方法

博物館の展示見学のみなら不要

プレミアムツアーはオンライン予約が必要

公式ページ

https://www.sapporobeer.jp/brewery/s_museum/

 

北海道旅行の本編がまだ書けていませんが、北海道でも2か所ほど施設見学をしてきたので

先に書いてしまいます。

まずはサッポロビール博物館から。

展示物だけならスルーしたところですが、プレミアムツアーに参加すると

ここでしか飲めない貴重な復刻ビールが試飲できるとのことだったので

プレミアムツアーに参加してみました。

 

場所は札幌駅からもほど近い場所にあります。

北海道開拓の時代から使われてきた歴史ある建物が博物館になっています。

「サッポロビール」と書かれた煙突が味があって好きです。

 

時間になるまで博物館の展示を見ることができますが、ツアー内で要点をまとめて

説明してもらえます。詳しくじっくり見たい方は早めに来るといいかもしれません。

参加者が集まると、まずサッポロビールのCMに起用されている妻夫木聡さんの

メッセージが上映されて、シアタールームに案内されます。

そこで10分弱の映像が上映されます。この映像は2パターンあるそうで、私が見たのは

ビール醸造人中川清兵衛の紹介映像でした。

 

それから博物館の展示を使用しながらの説明が始まります。

博物館に入るとすぐにある、この大きな釜は煮沸釜で麦汁を沸騰するためのもので、

この工程が味や香りに大きな影響を及びすそうです。

2003年まで実際に使われていたものだそうで、85キロリットルのビールを作れるそうで、

350mL缶に換算すると1回で24万本も作れるのだとか。

釜の周りは回廊のようになっていて下に降りていくのですが、壁を見上げると

大麦が描かれたステンドグラスがありました。

特に説明はなかった気がしますが、当時のものではないのかな?

それから展示パネルをかいつまんで説明されていきます。

ビール販売当時の値段は1本16銭。現在の価値に直すと5,000円以上になるとのことなので、

高級品だったことが分かります。

サッポロ黒ラベルは、元々サッポロびん生という商品が黒ラベルという愛称で

消費者から呼ばれていたのを採用したんだそうです。

あと、ポップの匂いを嗅ぐことが出来ました。かなり癖のある臭い香りでした。

濃厚な草の香りというか…

展示説明は20分程度でした。

 

それからレストランに移動してお待ちかねのビール試飲タイムです。

左がビールが発売された当時の製法・レシピで作られた復刻ビール。

右は黒ラベルです。

写真だと分かりづらいですが、復刻のほうは少し濁っています。

飲んでみると黒ラベルより苦味があります。

が、そこまで大きな違いは感じられませんでした。当時からそれほど変わらない味なのか、

私の舌が馬鹿なのか…

飲んでいる合間に美味しいビールの注ぎ方の実演もしていました。

ゆっくり注ぎがちですが、最初に落差を付けて一気に泡立たせるのがコツみたいです。

以下の写真の後に泡と液体の部分が1:1になったら残りをゆっくり注ぐ、だったと思います。

 

施設見学といえば王道?の飲食物の見学ですが、今回が初めてでした。

試飲とか製品をその場で楽しむことが出来るのは、やっぱりいいですね。

旧三河島汚水処分場喞筒場(ポンプじょう)施設を見学

開催日など 火・金休み

料金

(大人)

無料

見学時間

90分

写真撮影

可能

予約方法

オンライン予約。電話による予約も可能

公式ページ

https://www.gesui.metro.tokyo.lg.jp/business/b4/guide/s-mikawa/

 

小学生の社会科見学だったかで下水処理場の見学に行った記憶があり、

改めて行ってみるのもいいかもと調べていたところ、こちらの施設を見つけました。

国指定重要文化財だそうです。

 

場所は荒川区。都電の荒川二丁目が最寄り駅です。

見学はツアー形式で職員の方がガイドとしてついてくれます。

朝一番の回に参加したからかもしれませんが、参加者は私ともう一人の二名でした。

職員の方が知り合いに宣伝してほしいようなことを言っていたので、割と穴場…?

 

ホームページにはそういった案内が無かったので、私は全く知らずに行きましたが、

この見学ツアーに参加するとノベルティとしてマンホールカードをもらえます。

これが結構人気らしく全国各地から、これを目的に来訪してくる方がいるようです。

他にはポストカードとハンカチ等をもらえます。

桜やツツジの季節には鑑賞会もやっているとのことでした。

 

ツアー内容は教室での説明30分・施設見学60分というスケジュールです。

説明では下水道の歴史から、この施設が建てられた経緯などの説明と、

12~13分程度のビデオ上映です。

冒頭で国指定重要文化財だと書きましたが、この施設は日本で初めての下水処理場だそうで、

大正11年に運転を開始したそうです。今から102年前のことになります。

それから平成11年に稼働を終了するまで実施に使用されていた施設です。

ここが最初の施設として建設されたのは、当時の下水処理エリアとして予定されていた

3つの内、地域としてまとまっていたからのようです。

 

説明が終わり施設内を歩いての見学へ。

見学エリアは下の写真の左下部分です。水再生センターはそれはそれで

見学ツアーがあります。他のところで予約してしまったけど、こっちで聞くのも

良かったかも。

文化財の一部である門衛所。正門近くにある警備さんの詰め所ですね。

外装や内装は補修等手が加わっていますが、建物自体は102年前のままとのこと。

このアスファルトの下には下水道管が通っていて、ここで写真の白線のように

分岐しています。

白線の先にある2つの小屋はそれぞれ水道管を遮断するゲートの操作室。

1系統ごとにメンテナンスが出来るようにここで分岐させているそうです。

近くにはこの施設の100周年で作られたマンホールが設置してありました。

マンホールカードが東京駅で配布されているとかなんとか…?

調べてみたら出てきました。まだ配布しているのかな?

www.gesui.metro.tokyo.lg.jp

下水道は地下に作られていて勾配を付けて流しているので、下水処理場まで来ると

それなりの深さになります。

そのため、処理施設に水を送るポンプ場も低めの窪地に作られています。

手前の施設は沈砂池。名前の通り土砂等大きなゴミを沈殿させる設備です。

左の配管は平成に入ってから追加されたもので、砂を取り除くための設備。

もっと昔はクレーンで砂を掴み上げてトロッコに乗せ換えていた時期もあったそうです。

今は稼働していないのでオープンになっていますが、稼働している時は蓋をしていたそう。

流入側。石がキレイに積み上げられていることが分かります。

建設に関わった人は日本橋の工事も行っていたそうで、その技術が生かされているそうです。

池の奥の建物内は機械は更新されていて、そこまで年季は感じません。

天井の鉄骨は建設当時のものが残っているとのこと。八幡製鉄製だそう。

地下に潜って沈砂池~ポンプ室の間の地下配管に入れます。

大正時代に作られたものですが、壁面がキレイな曲面になっていました。

床も当時のままで、端に固体が溜まらないようにUの字型になっています。

それからポンプ井(せい)というポンプの吸い上げ口部分に進んでいきます。

ポンプのメンテナンス時に水が流れてこないようにするために、デカいワッフルみたいな

蓋で遮蔽できるようになっています。

ポンプの下部には富士山。上の茶色いのがポンプ配管なので、少しでも

吸い上げやすいように高さを稼いでいるのだとか。

地上に戻ってポンプ室へ進んでいきます。レンガのタイルが貼られている美しい壁面。

東京駅と同じ工法だとか。

ポンプ室の中は天井が高くて広々としています。

体育館みたいだな、と思ったのですがフロア真ん中等に柱が無いため。

ガイドさんが富岡製糸場の建物に似ています、と言っていました。

あちら(富岡製糸場)は有料ですが、こちらは無料です、とも(笑)

ポンプは稼働中に更新をしていたので、比較的新しめです。メーカーは荏原製。

この頃は横軸ポンプが主流でしたが、今は縦軸ポンプが使われているとのこと。

歴代のマンホールの展示もありました。マニアック…

このマンホール、北区尾久町のマンホールなんですが一目で尾久のものだと

分かるようになっています。どこか分かりますか?*1

中二階?のテラスから全景を見ることが出来ました。

ちなみに左右の壁にあるH鋼は、耐震補強で追加されたものだそう。

最後に案内されたモニュメント。この施設に流入する下水道本管を切り取ったものだそう。

かなり大きかったです。底面はレンガ敷きなんですね。

最後の最後にビュースポット的なところに案内されて撮影をして、アンケートを書いて

解散となりました。

 

歴史的な建物を見て回るのは好きなので、結構楽しめました。

仕事の関係で下水道施設に関しても若干の知識があったので、イメージしやすかったのも

あるかもしれませんが…

見せてもらった写真だと、結構桜がキレイそうなので忘れてなかったらまた時期を合わせて

来てみたいと思いました。

*1:答え:中央に「ヲ」が9個並んでいる⇒ヲ9⇒おく

新幹線資料館を見学

開催日など

毎月第2・第4月曜日(祝日に当たる場合はその翌日)は休館

料金

(大人)

無料

見学時間

10~20分(目安)

写真撮影

可能

予約方法

不要

公式ページ

https://www.city.kokubunji.tokyo.jp/machi/midokoro/1023848/1024005.html

 

鉄道博物館などのJRが関係する施設のような名称ですが、国分寺市が運営する

施設のようです。

社会科見学でカテゴリーあってる?と言われると微妙なところですが、まぁ見学には

変わりないので(ごり押し)

 

場所は国立駅から歩いて10分程度のところにあります。

国立って国分寺と立川の間くらいの印象しかなかったのですが、鉄道総合技術研究所という

施設があったり何気に鉄道の街?

 

住宅街を歩いて行くといきなり新幹線の車体が見えてきます。

往年の0系新幹線、ではなく新幹線試験電車961型と言って技術開発車両だったのだそう。

試験機とか技術開発機とか、ロボット好きにはちょっとたまらないですね。

見た目こそ0系新幹線ですが、車体・機器などはほとんど新しく設計されたもので

昭和47年に開業前山陽新幹線(西明石~姫路)で当時の電車の世界最高速度286km/hを

達成したとのこと。

その後平成3年鉄道総合技術研究所から国分寺市に譲渡され、資料館として

改装されたようです。

そんなすごい車両がこんな雨ざらしでいいのか…?

 

中に入って運転席に座ることができます。ノーズ部分があるから高くなっているんですね。

目の前に木があるので実際に運転している時のことは想像しづらいですが、

視界の狭さは良く分かります。

流石に計器類は年季を感じさせます。

客席側は展示スペースになっています。左側は色々な展示物。

次世代新幹線の概念設計モデル…らしいんですが、多分かなり古いですね。

ただ何年前のものかは分かりませんが、少なくとも左のE5・E6系のような形状の

新幹線はかなり昔から検討されていたんだな、ということが分かります。

向かって右側には実際の車両で使われた座席。奥の緑の席がグリーン車みたいです。

座った正面にはビデオが上映されているモニターがあって、見ながら休憩できます。

その後ろにはNゲージかな?ジオラマがありました。

調子が悪かったのか、残念ながら動きませんでした。

上でもちょこっと書いた通り、資料が全体的に古いです。

新幹線の年表も掲示しているのですが2000年入ってすぐぐらいで途切れています。

隣接する建物内にも展示物がありました。ただ、こちらも展示内容がアップデート

されておらず古いです。

 

施設としては規模が小さく20分もあれば十分すぎる内容でしたが、意外と楽しめました。

展示資料は古いですが、古ければ古いなりに当時こんな展望があったんだなぁ、とか

知ることが出来るのでそれもまた面白いかと。

入場料も取ってないですし仕方ないところはありますが、市が管理する施設だし

もうちょっと力の入れようはありそうな気がしました。

北海道に行ってきた話~ダイジェスト~

こちらの記事で書いた通り北海道へ旅立って、昨日帰ってきました。

BlueSkyのほうでは投稿していたので、そちらを見ている方はご存じかと思いますが…

japapricot.hatenablog.com

 

8泊9日の長期間でしたが、無事に帰ってくることができました。

…正確なことを書くと、ずっと動き回っていたからか疲れが出て若干体調を

崩しているのですが。

5日目あたりでこんなに長期の旅に出ていていいのだろうか、とか

考えたこともあったのですが体力的なことを考えると、今この年齢でこの期間の

旅をできてよかったと心から思います。

今日はダイジェスト版ということで、後日旅の様子を投稿していきたいと思います。

…この大量の写真をどう整理したものか。

 

旅の始まりはフェリーでした

札幌はほぼ泊まるだけでしたが、要所は見て回ったつもり

小樽は落ち着いたいい街でした

レンタカーでの移動中、いい感じの道の駅に遭遇

ずっと気になっていた旭山動物園に行けました

北海道の雄大な自然も感じることが出来ました

鉄道好きにはたまらない施設でした

プロペラ機初搭乗

100万ドルの夜景…の1時間前

新日本三景へ

デッドデッドデーモンズデデデデデストラクションの原作を読んで

こちらの記事で少しだけ触れていたデッドデッドデーモンズデデデデデストラクション

(以下デデデデ)の原作を読みました。

japapricot.hatenablog.com

映画を観た感想は以下のようなものでした。

感想は…個人的にはちょっとピンとこなかったかな、というところです。

作画とか演出はすごかったですが、劇場でやる意味はあったかな?と。

設定は興味深かったので先が気になる感じですが、ちょっと出し惜しみしすぎな気も。

後編は見ないと思うけど原作はその内買ってみようかとは思いました。

この後ネットで他の人のレビューや感想を見ていたのでしたが、概ね好評の様子。

もしや原作を見ていると評価が変わったりするのだろうか、と思い原作を購入しました。

2週間弱で全巻読み切ったのですが、読んでよかったと思える作品でした。

 

門出・凰蘭をはじめとしたキャラデザは最初の内は微妙だなと思っていたのですが、

読み進めていくうちに違和感が無くなっていき、背景の書きこみにもよく馴染んでいました。

というか凰蘭が奥深いというか深すぎるキャラで、映画を観て受けた印象から

180度変わりました。映画後編で、あのがどう表現してくるか楽しみです。

 

映画ではバッサリカットされていたと思いますが、政治の話はちょっと微妙かな?と

思いました。

そういう意味では新規の人にも分かりやすくするために、映画ではカットしていたのかな、と。

ただ、カットしたが故に原作に漂うディストピア感が薄れていたので、

その辺りが原作を見ていた人の感想とズレが生じてくる原因になっているのかも。

 

キャッチコピーにもなっている地球がくそヤバいは、原作未読で映画前編だと

大げさに言っているだけかと思っていたのですが、原作を読み進めていくと

思っていたよりも地球がくそヤバいことが分かり、どんどん惹きこまれました。

 

映画の方は原作とエンディングを変えてくるとのことなのと、

見応えのあるシーンは後編のほうが多そうなので観に行こうかなと思います。

前編で原作3,4巻分(+2巻)はやったけど残りをどうまとめるかも含めて

楽しみになってきました。

 

私のように映画を観ていまいちピンと来なかった方も、少しでもこの作品の

世界観に興味を持ったら読んでみることをオススメします。

多分後悔はしないはず。

SDガンダムGジェネレーションクロスレイズを簡単に紹介します

なんだかんだでプレイ時間が100時間を超えていましたが、まだ物足りない感がある

スルメゲーでした。

store.steampowered.com

 

大まかなゲームシステムについては言わずもがなだと思いますので省略します。

私自身PSP以来のGジェネだったたため、色々と快適になっていました。

 

特に快適だったというか便利だったのはグループ派遣です。

自分のグループを派遣して任務を進めていくものなのですが、派遣後は現実時間で

最短2時間半の間派遣に出したチームが使えなくなります。

時間が経ったら任務から帰ってきて、任務結果に応じて経験値や資金などが手に入ります。

ゲームをやっていない間も時間は進むので、取りあえず派遣に出しておけば

勝手にレベルアップしてくれるので攻略がスムーズに進められました。

結構ポンポンレベルが上がっていくので、最初の内はモビルスーツの開発を進めるのに

活用していました。

ただ、敵のレベルは難易度以外では変動しないので場合によってはヌルゲーになる

可能性もあります。

 

これはクロスレイズからではないかもしれませんが、遊撃グループが出来たのも

良かったです。

従来、というか私の知っているGジェネは戦艦に搭載したグループで出撃する

イメージだったので、戦艦を購入する資金が無い序盤は初期艦で頑張っていた記憶でした。

クルーを集めるのにも資金がいるので、結構長いこと1グループだけだったかと。

遊撃グループは戦艦が無くてもモビルスーツだけで編成出来るグループです。

ターン開始時に攻撃に必要なエネルギーが基本的に30%回復するので、母艦に戻って

補給して…とか考えずに済むので、どんどん進軍していけます。

ほとんどの場合、戦艦グループより先行して敵軍に突っ込んでいく運用をしていました。

一応デメリットがあって、HPを回復するには味方同士で隣接する必要があります。

その時はエネルギーの回復率も下がるので、回復を優先するか攻撃を優先するか

考えていく必要があります。

だが当たらなければどうということはない

 

シナリオの方はガンダムW、SEED、SEED DESTINY、OO、OO劇場版、

鉄血のオルフェンズ及びこれらの外伝作品のシナリオを追体験していきます。

とにかくボリュームがあってこれらをクリアするだけでも100時間、は言い過ぎですが

ちゃんとシナリオを読んでいくと近い時間はかかるのではないかと。

難易度も一つだけではなく最初はNORMAL、HARD、EXTRAがあり、全クリすると

HELL、INFELNOが解放されます。

難易度を上げるとクリア報酬や敵から入手できるアビリティがよりよいものに

なっていきます。これを使って味方を強化して…とやっていくと底が見えません。

ちなみに全てのステージをNORMALでクリアしたら何か解放されるということは無いので、

上述したグループ派遣でレベルが上がり過ぎて、シナリオ攻略中に物足りなくなったら

難易度を上げるのもアリだと思います。

ちなみにEXTRAぐらいなら限界突破をしなくてもクリアできます。

HELL以上はちょっと試せていません。

 

プレイしていくうちに飛ばしがちになる戦闘アニメーションは、結構動きがあって

良かったと思います。

流石に量産機全て以下のようなアニメーションをしているわけではありませんが…

 

難点を挙げるとすれば、中々無双感を味わえなかったことですね。

昔のGジェネはレベルアップ時のボーナスを攻撃力にひたすら振っていれば、

早々に一撃必殺出来ていたような気がするのですが、今作はNORMALでも

パイロットの能力やアビリティによっては中々ダメージが出ませんでした。

援護攻撃をしたり、戦艦連携もしくはグループ連携をしてね、ってことかもしれませんが、

もうちょっと一騎当千したかったなぁ。

まぁ、どのアビリティをどのパイロットに使うか迷った挙句保留にしていた私が

悪いのですが…

 

 

上でも書いた通りPSPの頃のGジェネしか知りませんでしたが、かなり快適に

なっていて原作シナリオもちゃんと再現してくれていて楽しかったです。

私はガンダム使わない縛りでプレイしていましたが、いずれまたやりたくなったら

ちゃんとガンダムを使ってみたいと思います。

思い出の小屋

普段散歩等で歩いているルートから少し外れた場所の川沿いに小屋があります。

この小屋は今はもう使われていないようですが、もう20年近く前に一度だけ

入ったことがありました。

グーグルマップからですが、昔はもう少しテラス部分が広かったです。

 

今もそうだと思うのですが、この小屋自体は背後にあるマンションの管理人が

所有しているもので、その当時の管理人のおじいさんと仲良くなりました。

きっかけは母からの繋がりだったと思うのですが、詳細は覚えていません。

ただ、何故かそのおじいさんは私のことを妙に気に入ってくれて、見かけると

会話をするくらいの仲でした。

おじいさんが飼い犬の散歩をしている時によく会ったのですが、そのワンちゃんも

懐いてくれて可愛かった。

 

そんなある日、おじいさんがうちに生っているビワを取らないかと誘ってくれました。

こんな都会で育ったものなので不安もあったのですが、最終的には伺わせてもらうことに。

片手にバケツ、片手にハサミを持たされて収穫しました。市販のものに見劣りしない

大きさで、味もしっかり美味しかった記憶があります。

何よりもよく見かけていたのに入ることが出来なかった場所に立ち入ることができたのは

嬉しかった記憶があります。

 

そのおじいさんはもう亡くなってしまい、ワンちゃんとも会うことも無くなりました。

先日、近くを歩いた時にふと思い出したので書き出してみました。

小屋の奥(写真の右奥)を見ると護岸工事が伸びて来ていて、そのうち小屋まで

伸びてきそうです。

そうなるとこの小屋も解体されてしまうんだろうな、と寂しい気持ちになりました。

近いうちに無くなってしまったとしてもこうしてブログには残しておこうと

思った次第でした。